始末書 封筒の書き方 例

封筒の書き方と例文を書き写さないことが始末書には必要です

スポンサーリンク

始末書というのは会社に被害や損害を与えるような失敗やミスをした時に提出するものです。
 例え故意にしたことでなくても、仕事上の流れの中で結果的に成果を出せないこともあります。
 そのような場合も始末書を提出することがあります。
重要なのは自分の汚点と捉えるのではなく、次へのステップとして前向きに捉えることです。
何事も失敗を恐れていては仕事はできないのです。
1つのチャレンジの結果として、たまたま失敗に終わったのです。
上司の人はその点をよく見ているはずです。
ですから、始末書というのは非常に大切になります。
よくある例文をそのままなぞったような文章では、自分の思いを伝えることはできないのです。
誠実さと次への期待感を抱かせる内容にする必要があります。
その前提として、始末書の書き方や提出の仕方を知っておく必要があります。
気持ちは形として表す必要があります。
例えばきちんとした便箋に縦書きで自筆で書くのと、コピー用紙にパソコンで打ち込むのとでは相手に与える印象が全く違います。

スポンサーリンク

文章をむき出しのまま提出するような非常識は厳禁です。
封筒も仕事用の茶封筒ではなく、白の中耳が二重になっているものを使うべきです。
封筒の書き方も重要です。
真っ先に上司が目にするものですから、間違いのないように丁寧に書くことです。
封筒の書き方は表に「始末書」と書きます。
そして裏面の左下方に所属部署と氏名を記入します。
封筒の書き方以外では、中に文書を入れる入れ方も決まった形式があります。
文章の書き出しが左上方の位置にくるように入れます。
相手方が左利きなら書き出しが右上方にくるように入れることになります。
また封はしないでそのまま提出します。
中間管理職に多いのが自分で書かないで部下に書かせるケースです。
部下の失敗を管理職が責任を持って始末書を書く場合もあるのです。
そのような時でも自分で書く必要があります。
場合によっては幹部の前で音読することがあるからです。
自分で書いていないと読めない言葉が出てきたりすることもあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加