始末書 封筒 色 茶色

始末書を書く時に使用する封筒の色は、茶色や白色の無地の封筒

スポンサーリンク

社会に出て働くという事は、それ相応の責任が問われます。
出世をすればするほど責任は重くなりそれと同時に人望や信頼を得る事ができます。
一生懸命仕事をする事で、ミスをする事は誰でもあります。
ましてや、上司として部下の責任を負うという事があるかもしれません。
そんな時にスマートに会社でのミスを解決できたら、人望や今まで以上の信頼を得る事ができるでしょう。
ピンチがチャンスに変わり、更には知識をも得る事ができるのが責任のある立場の特権だと思います。
仕事をした上でよく聞かれるのが始末書という言葉です。
始末書とはミスやトラブルなどが発生した時に反省、謝罪の意味を現す文書の事です。
お詫びの文書としてその他に反省文、詫び状、顛末書、謝罪文があります。
使用例としては、会社での金銭や物品の損失や社内規定違反や、社会的イメージを傷つけてしまった時に書きます。
公的機関などの提出類には顛末書を使用する事が多く、始末書は基本的に社内での処分を伴う場合に使用されます。

スポンサーリンク

始末書を書く際に気を付けるべき事は、ミスを認め誠意を見せ二度と同じ失敗をしないという意思を現す事です。
始末書といってもさまざまな例文があるので、自分にあったひな形を見つけ、基本的な文章のマナーは守りましょう。
ただ、ひな形を見つけたからといってコピーをするのではなく、自分の言葉を加え手書きで書く事がベストです。
パソコンでの作成が会社で許可されているのであれば、名前だけ手書きで書くようにしましょう。
宛名は社長宛が基本ですが、時と場合によって変わる場合があります。
始末書は封筒に出して提出しなければなりません。
柄物や無地の封筒でも派手な色の物はもちろんいけません。
無地の封筒というと茶色と白色がありますが、どちらを使って問題はありません。
茶色の封筒の場合個人的には質素な感じがして好きなのですが、白色の二重袋を使う事が多いです。
封筒は会社の備品にあると思いますが、この機に茶色と白色の封筒を購入してあらかじめ机に忍ばせておくと、いざという時に役立てる事ができるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加