始末書 縦書き サンプル

始末書はサンプルを利用して丁寧に縦書きで書きましょう

スポンサーリンク

 会社で働いているとさまざまなことが起こります。
自分がどれだけ注意を払っていても、問題が起きてしまうことや会社に損失を出してしまうことや同僚や上司に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。
例えば、社内書類の紛失や備品の破損や紛失などは小さなことのようですが、会社にとっては損失になるのです。
それらが大きな損失になることもあり得ます。
損失をもたらした場合に始末書の提出を要求されることがあります。
社内文書ということを心得て丁寧に書くことが大切です。
まず、基本は手書きの縦書きです。
最近では縦書きではなく横書きで構わないという会社もあるようですが、縦書きの方がさらにフォーマルになるのでベターです。
用紙はA4サイズで無地のものを使用して、黒か濃紺のインクのペンで書きます。
会社が始末書の書き方やサンプルを持っていれば、それを参考にすると良いでしょう。
また始末書の書き方やサンプルの載った本などを見るのもいいアイデアです。
サンプルを丸写ししてはいけないことは言うまでもありません。
自分の言葉で書き記すことが大切です。

スポンサーリンク

始末書を書くことが求められる内容は、まず自分がもたらした損失の内容です。
長々と書かずに要点をしっかりまとめて書きましょう。
次に損失をもたらした原因や理由を書きます。
ここで気を付けなければならないのが言い訳をしたり、人を非難するような文章は書いてはいけないということです。
常に誠実さを見せるように心がける必要があります。
その次に損失をもたらしたことに対する反省と会社や一緒に働く人たちへの謝罪の気持ちを書きます。
ただし、感傷的になったり度を越してしまうような表現は慎みましょう。
それから同じ損失をもたらさないことを誓い、同じ損失をもたらさないための方法や自分の決意を書きます。
会社が事業を進めていく上で、損失が誰の責任であるかは大切なことですが、同じ損失を出さないことを考えることはもっと重要な事なのです。
それらをしっかりと明確にしましょう。
最後に、損失を出してしまった自分に対して寛大な措置のお願いをします。
作成後は誤字脱字がないか確認するようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加