始末書 縦書き 書き方

始末書を縦書きで作成する際の書き方について

スポンサーリンク

 始末書はビジネスの現場で生じた不始末や損失を詫びる文書を指します。
通常は不始末などを引き起こした当事者による謝罪の言葉を主流に文書を作成するのが社会的なマナーに基づいた書き方ですが、近年では職種の多様化に伴い始末書の書き方もそれぞれの職種に適した内容にするのが通例になっています。
始末書の書き方は社会的なマナーを紹介する書籍やサイトに掲載されていますが、不始末に対する謝罪の言葉は相手への謝意を示すために記すので表現に気を配ることが重要になります。
特に歴史が長い企業や団体の場合は作成する書類の書式や文体にも注意する必要があります。
始末書を作成する際は手書きで縦書きの書式に拘る所も多いので、丁寧で読みやすい謝罪文を作成できるように日頃から文章の書き方について勉強するように心がけることが社会人に求められる姿勢です。
場合によっては筆書きを指定されることもあるので事前に筆の扱いも学習することが大切です。

スポンサーリンク

ビジネスの現場では仕事に使用する文書の殆どが横書きですが、始末書のように提出する個人の謝意などを相手に伝える文書は縦書きで作成することが通例になっている業種が存在します。
縦書きの文書はパソコンよりも手書きで作成するのが一般的ですが、近年では縦書きの文書を作成する機会が少ないことから文字の大きさや配列に不具合が生じることがあります。
特に筆書きによる文書作成は文字の潰れや墨の滲みが生じると見栄えが悪くなってしまうことから、日頃から練習を積み重ねることが綺麗に仕上げるための心得です。
始末書は自身のミスを正確に伝えるのと同時に謝罪の意を示すための文書なので、丁寧でわかりやすい表現で作成するのが相手への礼儀になります。
流行語や俗語などの使用は避け、文書の記載も公式な書類と同様に礼節を持った正式な書き方に準することが大切です。
書籍などに記載されている例文を参考にしながら自身の謝意を適切に表現するように努めるのが社会人としてのマナーになります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加