始末書 縦書き 便箋

始末書は便箋に縦書きが基本ですが、会社側で規則を作るのも大事

スポンサーリンク

始末書というのは会社に損害を与えてしまった本人にとっても重要な意味を持ちます。
反省の気持ちと再発防止の心構えを会社側に示すために必要なものだからです。
ただ謝罪文を出せばいいというものではなく、マナーがあるのでそれに則って提出することが大事なのです。
このマナーを守らないと、果たして本当に反省の気持ちがあるのか不信感をもたれることになります。
会社側に始末書用のフォーマットがあればそれに従えばいいのですが、一般的には縦書き文書が良いとされています。
社内文書の場合はA4用紙に横書きで書くのが一般的ですが、始末書のような儀礼的な手紙や品格を必要とする場合は縦書きにします。
また最近ではワープロで打ち込んで印刷するケースもありますが、謝罪の気持ちを込めるためには縦書き便箋に手書きでしたためた方が気持ちが伝わります。
便箋も模様やデザインが入ったものではなく、白い便箋を選ぶようにします。
もし形式上のことでわからない場合は上司に相談することも必要です。

スポンサーリンク

会社によっては始末書を取らないケースもありますが、人事管理の立場から考えると提出させるべきです。
労働者を雇用している会社側の立場に立つと、損害や被害を与えた労働者から始末書を取るのは非常に大きな意味があります。
それは本人直筆の書面の証拠を確保するということです。
損害を与えた当人は深く反省していても、また失敗をしない保証はないのです。
そのような時に会社としては利益を守るために処分が必要になります。
その時に文書として提出させておく必要があるわけです。
また、提出させることによって労働者に強い自覚を植え付ける効果もあるのです。
この点は会社側としてはとても重要な点です。
これを履行させるためには、社内規則でフォーマットを決めておくことが必要です。
A4用紙なのか普通の便箋なのか、縦書きなのか横書きなのか、など細かく指定しておくことで失敗を予防する意識を植え付けることができます。
そして始末書とは労働者に弁明の機会を与えるものであるという視点も大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加