始末書 縦書き 例文 社内

例文を縦書きにするだけでなく社内にミスの原因を伝えるのが始末書

スポンサーリンク

 始末書と反省文は似たようなものですが、会社に与える影響は全く違います。
始業時間に遅刻したりして部内に迷惑をかけた場合に上司に提出するのが反省文です。
基本的には直属の上司どまりの文書です。
これに対して始末書というのは仕事上において何らかのミスをして、それが会社に損害を与えた場合などに提出するものです。
最終的に社内の主な上役や役員や社長のところまでいく文書です。
反省文の場合は一筆お詫びの言葉を書いて提出すればそれで清みます。
始末書の場合は社内の書式に則って書く必要があります。
総務部などに書式が決まった用紙が用意してある場合はそれを使います。
そのような書式の用紙がない場合は自分で書いて提出することになります。
ネット上に書き方や例文などが載っているので、それを参考にすると体裁が整った文書になります。
一般的にはA4の便箋に縦書きです。
パソコンで作成する場合は横書きもあり得ますが、万全を期すためには手書きで縦書きが良いとされます。

スポンサーリンク

始末書では例文を丸写しは厳禁です。
まずミスがどのような原因で起こったのかを明確に記す必要があります。
なぜかというと始末書というのは公文書になるので長く保管されます。
将来の事業運営の時に失敗事例などが参考になる場合があるので、自分なりにミスに至った原因を記す必要があるわけです。
会社の幹部もそれを見てシステム的に改善する余地を見つけることができるのです。
また二度と同じ過ちを冒さないための決意と、そのための指針なども書き添えておく必要があります。
社内で色々な立場の人が目を通した時に、少しでも参考になることが大事です。
始末書にはそのような将来への展望が見えるようなものが望ましいのです。
ただ書式に則って、縦書きにして謝罪すればいいというわけではないのです。
例文はあくまでも参考にして、心からの謝罪の気持ちを記すことが大切です。
よくあるのが言い訳ですが、これは厳禁です。
すでに会社に損害を与えてしまったことに対して自己弁護は逆効果です。
それよりミスの原因を客観的に分析する方が、前向きでよい印象を与えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加