始末書 縦書き フォーマット テンプレート

縦書きの始末書のフォーマットとテンプレートについて

スポンサーリンク

 縦書きの始末書を書くに当たっては、所定のフォーマットやテンプレートを参考にするのが一つの方法です。
始末書には特に決まった書き方はありませんが、ビジネス文書の一つである以上、他人から受け入れられやすい常識的なスタイルは存在します。
このようなスタイルは、フォーマットやテンプレートから知ることが可能です。
現在公開されているフォーマットやテンプレートにはバリエーションがあり、自分のケースに当てはめて適したものを選ぶことが出来ます。
会社などに始末書を提出する場合には、その企業独自のフォーマットやテンプレートがあることも考えられます。
ですので、書く際には念のため確認しておくことが大切です。
選ぶ用紙によって、縦書きや横書きかが決まってきます。
手書きの場合には、縦書きの方がバランスよくまとめられることが多いです。
フォーマットやテンプレートでも、実際縦書きスタイルはよく見られます。
一般の便せんにもしたためられるのが、一つの利点です。

スポンサーリンク

フォーマットやテンプレートは始末書を書く際の一つの参考になりますが、内容は必要に応じて変えることが必要です。
特に事の顛末を説明する文章などは、自分の言葉で書いた方が状況が伝わります。
また、反省の気持ちやこれからの姿勢についても、素直な言葉で書くのがベストです。
要所要所のポイントを押さえておけば、内容的にはやや体裁が崩れてもそれなりの印象を与えることが出来ます。
始末書では、気持ちを伝えることがまずは重要です。
始末書は、状況によって書くべき内容が異なります。
従って、参考となる文章を探す場合にも、自分のケースに似た設定を見つけることが肝心です。
特に仕事の失敗などに関してはかなり多様な状況が考えられますので、文例探しも念入りに行うことが求められます。
最近ではパソコンで作成するケースもありますが、一般的には手書きの方が好印象です。
誤字脱字などに気を付けて丁寧に書くことで、気持ちを伝えることが出来ます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加