始末書 縦書き 自筆

始末書は自筆で縦書きに書きましょう

スポンサーリンク

 不始末を起こした場合、会社に始末書を提出することがあります。
基本的に、始末書は無地の用紙や縦書き用に薄く線の入った便せんを利用します。
横書きよりもさらにフォーマルな縦書きの方が良いでしょう。
会社の用意したテンプレートやサンプルが横書きでない限りは縦書きの方がベターです。
パソコンを利用せずに自筆で書きます。
自筆で書くことによってより自分の誠意や反省の気持ちが伝わることもありますので指示がなければ自筆が無難です。
始末書にはいつ、どのような不始末を起こしたか、また不始末を起こしたことが自分であることをはっきりと書きます。
それから不始末を起こした原因を説明します。
始末書を提出する時点で自分が不始末を起こしたことがはっきりしているのですから、ここで覆すようなことは書くべきではありませんし、自分の不始末を正当化するような書き方も良くありません。
次に不始末を起こしたことへの反省とお詫び、それらを繰り返さないための自分が行っていく行動や決心について書き、最後に会社が寛大な処分を下してくれるようにお願いします。

スポンサーリンク

書き終えたら三つ折りにして封筒に入れます。
封筒の表側には提出先の相手の名前、裏側には部署名と自分の名前を書きます。
手渡しにする場合は封をのりで閉じてしまう必要はありません。
相手が開ける手間を取らせないためです。
また、会社や上司によってはその場で読んだり、書いた本人に読ませることもあります。
始末書を渡すときはお願いしますと一言添えることも大切です。
始末書を提出しなければならない理由はさまざまです。
会社の事業に対して損害や損失を出してしまったとき、上司や同僚に迷惑をかける行動をとってしまったり、社内規定に反する行いをしてしまったとき、社内の書類や備品を失ってしまったとき、物を破損してしまったときなどがあります。
大きな金額の損失を出したわけでなくても、毎日遅刻が続いたとか発言に問題があったということも理由になることがあります。
会社と契約を交わして働いている限りはルールに従う義務があるからです。
組織の一員として自覚をもって書くようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加