始末書 封筒の書き方 郵送

始末書を郵送する際の封筒の書き方について

スポンサーリンク

 やむを得ない事情で始末書を郵送せざるを得ないときには、封筒の書き方を押さえておくことが求められます。
通常始末書は白い2重封筒などに入れて上司や担当部署に提出しますが、郵送の場合は少し工夫が必要です。
この場合確実に目的の部署に到着することがまずは大切になります。
ですので大きめの封筒に宛先を書き、中に始末書を封入した白封筒と添え状を入れる形にすると受け取る側も分かりやすいです。
郵送の場合には、始末書であることを表封筒に記載する必要は必ずしもないと考えられます。
郵送するに当たっては、表封筒に通常のビジネス文書同様に宛先を記載します。
担当の部署名まで細かく記載しておけば、到着もスムーズです。
こういった場合の封筒の書き方は、常識的な範囲でまとめます。
特定の個人宛に郵送する場合には、親展などの文字を入れておくのが間違って開封されないための一つの方法です。
差出人の住所氏名などは一般的な封筒の書き方の通り記載します。

スポンサーリンク

始末書は直接手渡しをするのがベストですが、状況によってはこういった郵送のスタイルをとらなければならないこともあります。
ですので、いざという時にも慌てないように相応の文例や封筒の書き方を押さえておくことが必要です。
始末書は自分の誠意を見せる手段ですので、一つ一つのステップを丁寧に仕上げることが求められます。
封筒に入れる際の文書の折り方や、封の仕方などにも一工夫をこらすことが重要です。
便せんやレポート用紙を折る際には、コツをマスターすることでスマートに決まります。
一般的には3つ折りや4つ折りスタイルが定番です。
何度もやり直すと用紙にしわが付いてしまうため、1回で折れるように注意をします。
中に入れる白い2重封筒の方は、実のところ開封した状態で送った方が中身を確認する際にも便利です。
内容の訂正や加筆などを求められる場合もあるため、糊付けはしない方が良いと言えます。
受け取る側にとっても、こういったスタイルの方が便利です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加