始末書 縦書き 便箋

始末書を縦書きの便箋に書く場合について

スポンサーリンク

 始末書を手書きで書く場合には、通常は縦書きのスタイルとなります。
縦書きで書く際には、市販の便箋などを使うと便利です。
縦書き用の便箋は実のところ様々なデザインのものがありますが、始末書の場合は出来るだけオーソドックスな無地を選ぶのがポイントです。
透かし模様やワンポイント入りなども避けた方が無難と言えます。
縦書きで綺麗に書くためには、罫線の入った商品を選ぶのがベストです。
曲がらないように文字を書くことは意外に難しいため、一定のガイドがあるものを選びます。
昨今発売されている便箋の中には、罫線に目立たない工夫を凝らしたものも見られます。
グレーやベージュといった薄色を用いて、文字の印象を際立たせるようなデザインが増えているのが最近の状況です。
このようなデザインの便箋を選べば、よりスマートな印象を与えることが出来ます。
また、罫線シートを下に敷いて上から文字を書く無地の商品も、始末書を書く際には役立つ1品です。

スポンサーリンク

縦書きは、文字の美しさや丁寧さが特に目立ちます。
ですので、出来るだけゆっくりと丁寧に書いていくことが大切です。
始末書はさほど長い文書は必要なく、ポイントを簡潔にまとめることが求められます。
便箋1枚程度におさまるようにレイアウトを考えれば、バランスの良いスマートな文書とすることが可能です。
受け取る側も1枚で済む内容の方が、扱う際にも負担が減ります。
用紙を折る際には、サイズを考えて適切な折り方を選びます。
長4サイズの封筒に入れる場合は、4つ折りや3つ折り程度が適当です。
余り小さく追ってしまうと広げたときにしわになりますので、出来るだけ大きめに折る方がコンパクトに決まります。
用紙を選ぶ際には、実のところこういった折り方についても考慮しておくと扱いやすい素材を購入することが可能です。
縦書きの場合には種類も豊富であり、選び方にも工夫を凝らすことが出来ます。
レポート用紙に比べて丁寧な印象を出せるのが、便箋の一つの魅力です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加