始末書 書き方 縦書き 事故

始末書で大事なのは縦書きなどの書き方と事故に至った原因です

スポンサーリンク

 仕事上のミスや失敗をして会社に損害を与えた場合は反省文や始末書を提出します。
会社に与えた損害の大きさによって反省文になるか始末書になるか違ってきます。
例えば遅刻が多くて大事な会議に遅れたなどのように、所属する部内での失敗などは反省文になります。
この場合は部内の上司止まりになります。
これに対して取引上の失敗や事故などで会社に明確な損害を与えてしまった場合は始末書になります。
これは公式文書扱いになり、上司にとどまらず取締役や社長まで回されます。
そのため始末書にはきちんとした書き方が必要になります。
内容も大事ですが、その前に文書マナーを抑えることが大事です。
書き方の基本は便箋の縦書きになります。
封筒は仕事上の茶封筒ではなく、白で内側が二重になっているものを使います。
封筒の表には「始末書」の文字と、所属部署と氏名を記入します。
封筒への入れ方は縦書き便箋を3分の1に折りたたんで、書き出しが左上にくるようにします。

スポンサーリンク

封筒はのり付けしないで封を開けたまま直属の上司に提出します。
上司から上層部へと回覧されます。
書き方で気をつけることは、縦書き罫線からはみ出さないように丁寧に手書きすることです。
パソコンなどで打ち込むよりも、手書きの方が誠意が伝わります。
内容については損害や事故についての事実を明確に書くことが大事です。
そしてなぜそのような損害や事故になってしまったかの理由を書きます。
この時、言い訳にしないことが重要です。
真摯に事実のみを書くことです。
そして今後の再発を防ぐための対策を提示し、最後に損害や事故について謝罪をします。
このように、事実、理由、対策、反省、お詫びという要点を入れ込むことが始末書には必要です。
よくある例では、初めから終わりまで謝罪ばかりしている文書です。
このような文書は意味がなく、上層部にとっては価値のないものになります。
上層部にとって必要なのは、どのような経緯で失敗したのかを把握することなのです。
それによって新たな対策が必要になることもあるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加