始末書 手書き 書き方 縦書き

手書きでの始末書の書き方について 縦書きの場合

スポンサーリンク

 一般的に始末書は、手書きで書く方が好ましいとされています。
従って、レイアウトなどを自分で考えて整えることが大切です。
書き方は横書きや縦書きがありますが、整った印象を与えるためにはやはり縦書きの方が適していると言えます。
文章は幾つかの段落に分けて、簡潔に書くのがベストです。
始末書を書く原因や事の顛末、お詫びの気持ちなどを各段落ごとにまとめます。
この場合、言い訳を加えるのは逆効果です。
これからの行動指針などを述べて締めくくると印象が良くなります。
縦書きの始末書の書き方は、現在様々な所でひな形が公開されています。
ですので、内容を少し変えるだけでオリジナルの始末書が完成させることが可能です。
言葉の選び方や内容の構成についても知ることが出来ますので、この手のひな形は非常に参考になります。
実際、手書きの場合には所定の書き方を踏まえた方がビジネス文書の雰囲気を出せることが多いです。
手書きならでは真摯な印象が加われば、さらに効果的と言えます。

スポンサーリンク

始末書の書き方を心得ていれば、実のところ様々な状況で役立ちます。
自分が書く場合はもちろんのこと、部下や同僚が何らかのトラブルを抱えてしまった場合でも的確なアドバイスが出来るのが一つの利点です。
始末書は書き方を覚えれば、比較的容易にしたためられます。
難しく考えすぎてしまうと時間ばかりが経過してしまうため、所定のひな形を上手に利用するのがコツです。
ひな形は、縦書きから横書きまで様々なものがあり、自分の書くスタイルに合わせて適したものを探すようにします。
ひな形の内容は、そのまま用いるのは避けた方が無難です。
随所に自分らしい言葉を盛り込むのがポイントで、お仕着せの文章といった印象を与えないようにすることが大切になります。
既定のスタイルと自分の言葉を組み合わせるのが、一つの方法です。
幾つかのひな形を見比べてみると、書くべきポイントが分かってきます。
インターネット上でも多数紹介されており、手軽に利用できるのが便利な点です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加