反省文 封筒の書き方

反省文の封筒の書き方について

スポンサーリンク

 反省文とは、会社の規則に反することや業務の中でミスを犯してしまった際にその内容の報告と謝罪を上司に提出する謝罪の文書です。
反省文は、犯したミスの原因、ミスに対しての謝罪、今後の対策に分けて書くようにするとスムーズに書くことが出来ると言われています。
基本的には手書きで書くようにします。
A4サイズの白い用紙を用意し、横書きの罫線付きのものを選ぶと書きやすいと言われています。
封筒は、白色で縦長のものを選びます。
読みやすい字、読みやすい内容の文面を意識しながら書くようにします。
反省文は、自分の犯したミスの報告と謝罪が最も重要であるため長々と理由を書く必要はありません。
簡潔に伝えるべきことを上手くまとめながら書くようにします。
言葉で伝えるよりも、文書で伝えるほうが感情は伝えにくいと考えられています。
文面で誠意をしっかりと伝えるには、ある程度表現力も必要になってきます。
受け取った上司に誠意がきちんと伝わるか考えながら作成します。

スポンサーリンク

封筒の書き方としては、表には反省文と書きます。
封筒のちょうど中央に当たるように、バランスを考えながら書きます。
表側はそれ以外は何も記入せず、裏面に自分の所属する部署名と氏名を書きます。
裏面の封筒の書き方は、真ん中に入っている線の左側に書くようにします。
封筒の書き方は、位置やバランスに気を付けることが重要です。
提出する際には、封はしません。
直属の上司の前で、封筒を両手で差し出します。
提出する際には、一言謝罪の言葉を添えて渡します。
場合によっては、その場で開封して反省文を読み上げるように指示されることがあります。
その場合は、指示されたとおりに封筒から便箋を取り出して読み上げます。
読み上げる必要があるかどうかは、会社によっても違ってきますが読み上げる必要がある場合にもしっかりと対処できるように読みやすい文章をあらかじめ意識して文書を作成しておくことが望ましいです。
反省文を通して誠意が伝えられるようにすることが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

反省文の封筒の入れ方
始末書と違って反省文では封筒に宛名を書く場合もあります
反省文は会社のテンプレートに沿って書き、白封筒に入れて提出
大学に提出する際の反省文は、それを入れる封筒にも気を付ける
反省文の封筒の色の選び方
会社に提出する反省文の書き方
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
大学に提出する反省文の書き方にはルールがあります
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
部活での反省文の書き方とは
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
学校で携帯を没収された際の反省文の書き方
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
反省文の書き方 例文 事故
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです