反省文 封筒の入れ方

反省文の封筒の入れ方

スポンサーリンク

 会社によっては、反省文の提出を求めるところもあれば、始末書の提出を求めるところもあります。
反省文は、会社に対して謝罪し過失を報告する必要がある始末書とは違い、過失の報告や謝罪は直属の上司だけで済む場合が多いです。
個人がそれぞれもつ責任というものを再確認して、部署内の規律を守るために過失の報告と謝罪を最小限の規模で行う目的があります。
反省文の提出をすることで、しっかりと謝罪すれば罰せられる可能性は低い場合が多いですが、謝罪の表明が上司にしっかりと伝わるようにする必要があります。
ビジネス用の白い便箋と封筒を用意します。
サイズは、A4またはB5が一般的です。
会社によって書く形式が違うため、パソコンで作成する場合もあれば手書きで作成する場合もあります。
反省文など謝罪の文書の場合は、手書きのほうが誠意が伝わると考えられることが多いためパソコンを使って作成するよりも、手書きのほうが良い場合が多いです。

スポンサーリンク

基本的に、文章は黒のボールペンで書くようにします。
間違えた場合は修正テープなどは使わずに、新しい紙を使って書きます。
誤字や脱字がある場合も、読み手に良い印象を与えないため提出する前に自分でしっかりと確認する必要があります。
封筒の入れ方は、三つ折りまたは四つ折りにして入れるようにします。
封筒の入れ方にも気を配り、文面からだけでなくあらゆる部分から誠意が伝わるように心がけることが大切です。
封筒の表面の中央には、黒のサインペンなどで反省文と記します。
封筒の裏面左下には、自分の部署名や氏名を書きます。
封筒の入れ方で気を付けるべき点は、便箋を封筒に入れた後に封はしないようにすることです。
反省文は、直属の上司に提出しますが、上司の目の前で封筒から便箋を取り出して読む場合があります。
糊付けしてしまうと開封して読むことが出来ないため、糊付けはせずに封はしないままにします。
読む必要がなく、提出するだけの場合も基本的に封はしません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

反省文の封筒の書き方について
始末書と違って反省文では封筒に宛名を書く場合もあります
反省文は会社のテンプレートに沿って書き、白封筒に入れて提出
大学に提出する際の反省文は、それを入れる封筒にも気を付ける
反省文の封筒の色の選び方
会社に提出する反省文の書き方
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
大学に提出する反省文の書き方にはルールがあります
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
部活での反省文の書き方とは
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
学校で携帯を没収された際の反省文の書き方
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです
反省文の書き方 例文 事故
始末書の書き方・様式・例文と封筒のマナーなどについてあれこれです