始末書 便箋 用紙 折り方

始末書に使用する便箋や用紙、折り方と文の書き方のルール

スポンサーリンク

 物事に完璧なことは少なく、ほとんど問題やミスが発生します。
その際に始末書を書いて提出することがあります。
始末書には社会一般的なルールがあります。
書き方だけでなく、便箋の色や枚数、用紙の使い方、封筒に入れる際の折り方など、非常に細かいです。
始末書を書く際はこのルールをきちんと調べて間違えの無いように提出することをおすすめします。
会社に提出するだけでなく、警察から提出を求められたりする場合もあります。
また、自分ではなく子供の不始末で書く場合もあります。
そのときに子供用の便箋や用紙を使用することは誠意が感じられないのです。
折り方も社会人として常識のある形で提出しないと恥ずかしい思いをします。
書く内容はもちろん大切ですが、それら以外に、このような便箋の種類や色、用紙の大きさ、封筒へ入れるときの折り方をネットや本で調べて実践します。
決して始末書の中身の書き方だけに気を使うことがないように注意すると良いです。

スポンサーリンク

始末書は様々な場合で提出します。
中身は、謝罪と誠意の気持ちを相手に伝えるものということです。
何らかの理由で周囲に迷惑がかかった際、その場で謝ることは大切です。
そしてその後に始末書を提出することで、更に相手に誠意が伝わります。
書く側も、その事象が起こった原因を落ち着いてきちんと分析でき、自分を見つめ直す機会を得ることができます。
それだけでなく対応策を考え相手に伝えることで、もう二度と同じことが起こらないように注意することができます。
何か問題やミスが起こった際、もっとも大事なことは同じことを起こさないための対策なのです。
ただ謝罪するだけで終わりではなく、きちんと自分を見つめ対応策を考え提示することで自分にとっても相手にとってもプラスになります。
このように、書くこと自体は決してネガティブなことではなく、むしろ自身の成長にとって大きくプラスになることなのです。
そのことを頭に入れて書くことをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加