始末書の書き方 封筒 折り方

始末書の書き方と封筒に入れる際の折り方は

スポンサーリンク

 社会人になると、学生時代には体験できないような様々な経験をします。
その中の一つに、始末書を書くということがあります。
物事には完璧と言いきれるものは少なく、問題やミスが発生しないということは有り得ず、大なり小なりミスをして周囲に迷惑をかける場合もあります。
その場合にほとんどの会社では始末書を書き提出します。
取引先に粗相があった場合以外にも遅刻や欠勤が多い場合や会社のルールに違反した場合などの社内的に収まる話でも始末書を書く場合があり、基準は会社によって違います。
始末書の書き方は学生時代に教えてもらう機会はほとんどなく、大部分の人は社会人になって初めて経験します。
始末書の書き方にも社会人としてのルールがあります。
また、封筒に入れる際の折り方にもルールがあり、適切に対応しなければ社会人として困る場合があります。
始末書の書き方には会社独自のルールを設けているところもあるので、もし書く機会が出てしまった際はきちんと会社に確認し、封筒への入れ方、折り方も確認することをおススメします。

スポンサーリンク

前提として、始末書は迷惑をかけてしまった人に対して自分自身の謝罪と誠意を示すものです。
そうなってしまった理由をきちんと分析し、今後そのようなことが起こらないような方法や対策も考え相手に伝えます。
そのため自分を見つめなおすことができ、新しい発見があります。
もう二度と同じ過ちを起こさないという強い決意の元に書くのです。
始末書を書きながら落ち着いて考えることで自身にとっても非常にプラスになります。
始末書を書いたからと言って自分を否定するのではなく、自身の成長につなげるようにすることが一番です。
始末書の書き方、折り方、封筒の種類や入れ方には世間一般的なルールがあります。
そのルールを守りながら自分の謝罪の気持ちや今後の想いを書き提出します。
何か問題を起こした時は謝罪することは当然ですが、謝罪した後自分を見つめなおして対策を伝えることでさらに誠意が伝わるため、始末書を書くこと、提出することをおススメします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加