始末書の書き方 例文 社内 管理責任

社内の管理責任を怠った場合の始末書の書き方と例文

スポンサーリンク

 始末書の書き方としては、ミスを犯した本人がその内容を報告し謝罪を行うのが一般的です。
しかし、個人的な問題ではなく、会社全体の経営に関わることや業務上で起きたミスである場合など、状況によってはその上司が社内の管理責任を問われることがあります。
そのような場合は、部下だけでなくその上司も社内の管理責任を怠ったことを謝罪し深く反省する必要があります。
その際の始末書の書き方は、一般的な始末書の書き方と変わりはありません。
ミスが起きた原因や理由、ミスを起こしたことに対しての反省と謝罪、今後の対策をポイントにして書きます。
読み手に伝わりやすくわかりやすいようにするためにも、状況を詳しく具体的に説明しつつも要点をまとめて書くようにします。
始末書は、ミスの重大さを自覚し再発防止に努めるための報告書兼誓約書の役割をしています。
長い文章や読み応えなどのボリュームは求められていないので、事実を明確にすることが大切です。

スポンサーリンク

例文としては、直属の部下が会社に対して大きな損害と迷惑をかけてしまったことをお詫びし、二度と同じことが繰り返されることのないように社内の管理責任に努めていくことを表明します。
例文はあくまでも、参考程度にし例文の言葉だけを借りるのではなく自分の言葉や表現も交えながら謝罪の気持ちや今後の対策などを書くようにします。
部下がいくら優秀で、たまたま起きたミスであったとしても庇うような発言は言い訳とみなされることがあるため、部下のミスはしっかりと認める必要があります。
しかし、部下にだけ非があるのではなく、部下のミスは上司の管理が行き届いていなかったことも要因の一つであることを理解して謝罪する必要があります。
管理が行き届いていなかったことや、判断が甘かったことなどの責任を負うことも上司の役目の一つです。
始末書の提出が求められるということは、会社の信用を少なからず失ったことになります。
上司として、誠意をもって文書を作成する必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加