始末書 手書き 用紙

始末書を用紙に手書きで書く場合

スポンサーリンク

 社会では多くの場面で始末書の提出が求められます。
会社内で遅刻や欠勤を続け周囲に迷惑をかけた場合やクライアントに粗相があった場合です。
それ以外にも警察に提出を求められたり、自分ではなく子供の不始末のために学校に提出を求められる場合もあります。
始末書には様々な社会的ルールがあります。
自身の名前や日付、押印などです。
また、書く用紙や便箋の色などにも社会的な常識があります。
今まで書いたことがなく、書くことになった方は一度本やネットで調べてから書くことをおすすめします。
その他にも、パソコンではなく手書きで書くことをおすすめします。
パソコンで書くと、会社によっては雛形や定型文がある場合もあり、せっかく書いたのに誠意が伝わりにくいのです。
また、ネット上には始末書の文章が山ほどあり、どこか別のところから文章をコピーした可能性も考えられます。
そのため自分がきちんと手書きで書いた方が周囲からの印象も良くなりプラスになります。

スポンサーリンク

始末書を書く際はまず適切な用紙を選びます。
そして手書きで書く場合はきちんとしたペンを用意し、用紙が汚れないように丁寧に書きます。
そのため最初に始末書全体の文章を考えておいて、完成してから用紙に清書をすることをおすすめします。
始末書の内容は、基本的には謝罪と対応です。
何か問題があったとき、その場で謝るのは当然ですが、再度文章で謝罪することで丁寧に感じます。
また、なぜその問題が起こったかを自分の中で分析し、同じことが起きないようにするためにはどうしたら良いかを考えることが大切です。
自分の行動を見つめ直し、同じ問題が起きないように対策を考え、謝罪の後にそれらを書き相手に伝えます。
ただ謝罪をするだけでなく次回の対応策を伝えることで相手が誠意を感じます。
手書きの際は字もきれいに書くことを意識して書くと良いです。
問題やミスは誰にでもあります。
大切なのはきちんと考えて問題が起きないような対応策を考えるということで、その際にこのような書類を書くことは非常に有効です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加