始末書 パワハラ 書き方

パワハラに起因する始末書の書き方

スポンサーリンク

社員に始末書を書かせる目的は不祥事を起こした際に、強く反省を促して再発を防止するということにあります。
それだけでなく、企業が社員の素行不良が目に余ると判断して解雇する際の場合の証拠書類として押さえておくという目的もあります。
いずれにしても、不祥事を起こさなければ要求される事がないため、始末書の書き方を知らない方が多いと思います。
また、不祥事と呼べる程ではない些細なミスによって始末書を要求される場合もあります。
これはパワハラに分類されるもので本来はあってはならない事ですが現実に行われています。
 一番の原因は上司の性質によるものですが、その会社にいる以上は避けて通れないものと言えます。
書かせる理由も様々です。
具体的には「見せしめを多用したがる」、「なぜか嫌われてしまった」、ひどいものによると「その日の上司の機嫌が悪かった」というものまであります。
いずれにしても会社にいる以上その指示に従って始末書を作成する事となります。

スポンサーリンク

パワハラによる始末書も一般的な書き方を基本として作成しなければなりません。
最低限記載する必要がある項目は次の通りです。
不始末の1.内容2.原因3.それに対してどのように反省しているか4.これを再発させない誓約5.寛大な措置の請願これらを盛り込んで作成する訳ですが、パワハラによる始末書を提出した場合は再提出を求められる事がよくあります。
特に想定されるのは記載項目の3、4に関しての書き直しです。
パワハラによる場合は嫌がらせの側面を含んでいるため、初めから考慮しておくべきです。
それゆえに初めから完璧なものを提出するのではなく、書き直しを想定して無難な事を書くのが良いでしょう。
初めから練りに練った書き方をしてしまうと変更の余地が減少し、文章の変更が困難になります。
しかし想定をしていれば上司との関係を良好にする一助となる可能性が生まれます。
上司の言葉を取り入れる事により、「上司の指示に従っている」という心理的な実績に繋がるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加