始末書 パワハラ 例文・文例

パワハラ行為での始末書の例文・文例について

スポンサーリンク

 始末書を書くことを求められる状況は、現在非常に多様化しています。
例えば最近の職場で特に増えているパワハラなどがその一例です。
パワハラは、近年は様々なハラスメントの一つとして重大な問題と捉えられるようになっています。
従って、場合によっては始末書という形で反省の姿勢を示さなければならないこともあるのが、昨今の状況です。
始末書を書く際には、所定の例文・文例を押さえておくことが求められます。
状況に応じて適した例文・文例があり、提出をする際には参考にするのが良い方法です。
パワハラの場合には、自分の態度や行ってしまった行為に対して真摯に謝罪する気持ちを示すことが肝心です。
相手方の名前を出して、内容を明確にすることがポイントになります。
最後には、今後の方向も示しておくのがベストです。
同じような行動をとらないことを誓う内容にすれば、反省の姿勢を強く伝えることが出来ます。
例文・文例は、こういった要所要所のポイントを押さえるためにも便利です。

スポンサーリンク

パワハラが社会問題となっている近頃では、一人の行為が企業全体のイメージを悪くしてしまうことがあります。
始末書を書く際にはそういった点にも配慮して、言葉を添えるのが効果的です。
大事に至っていない場合でも、企業側としてはこのような行為を一つのリスクと捉えています。
ですので、自分の意識から変えていくという姿勢をアピールすることが重要です。
余り長文にする必要はなく、分かりやすく簡潔にまとめます。
言い訳がましい内容は、反省の色がないという印象を与えてしまうため極力避けた方が無難です。
例文・文例は、その都度自分流にアレンジすることが必要ですが、初めて始末書を書く方にとっては大きな助けとなります。
時間も大幅に短縮することが出来るため、通常の仕事にも支障が出にくいのが一つの利点です。
相応の内容になっていれば、読む側としても安心が出来ます。
直属の上司などに渡す場合には、内容の修正などで手を煩わせないことが大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加