始末書 封筒 折り方

始末書を封筒に入れる際の折り方について

スポンサーリンク

始末書は、通常封筒に入れて提出することが求められます。
従って、用紙の大きさに沿った折り方を押さえておくことが大切です。
始末書は、一般的にB5サイズ程度の用紙に書くことが推奨されています。
自分で便せんなどを用いて作成する場合は、適した折り方も変わってくるのが常です。
常識的には、3つ折りか4つ折りのスタイルになります。
用紙の端と端がきっちりと重なるようにバランスよく折り目を付けるのがポイントです。
始末書を入れる封筒は、通常は白い2重封筒です。
オーソドックスな長4サイズなどが適当と考えられます。
こういったビジネス文書の場合は、洋風スタイルのデザインは避けた方が無難です。
従って、縦型の和風の封筒を使用することが求められます。
こういった封筒の色も、意外に重要なポイントです。
始末書を入れる場合は、基本的にホワイトを選びます。
茶色のものは軽々しい印象を与えることになりますので、始末書には適さない素材です。

スポンサーリンク

最近では、失敗のない便せんの折り方が様々な所で紹介されています。
4つ折りの場合には比較的折りやすいですが、3つ折りは等間隔にバランスをとるのが難しいことが多いです。
下の3分の1から折り始めるといった慎重な方法で、完成させていくのが一つの方法となります。
文書が美しく折れていると、それだけでも大分印象が良くなるのが常です。
始末書は謝罪の気持ちやこれからの自分の姿勢を示すものとなりますので、細部にまで気を抜かないことが重要なポイントと言えます。
きちんと文書が折れると、封筒もスマートになります。
折り目正しいイメージは、ビジネス文書の場合は特に大切です。
余り器用でない方は、他の紙で練習するなどの方法で失敗を少なくします。
封をしないで手渡しすることが多いため、封の合わせ目にも特別な文字の記載は不要です。
何らかの理由で封をしなければならない場合は、やはり所定の文字やマークを入れた方が良いと考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加