始末書 封筒 表書き

始末書を入れた封筒の表書き

スポンサーリンク

どんなに気をつけていても、人間誰しもミスはするものです。
自分のおかしたミスや不注意で会社に損害や迷惑を与えてしまった場合、始末書を書かねばなりません。
始末書とはおこしてしまったミスや不注意の顛末を記し、反省と謝罪の言葉と、再発させない誓いの言葉を記す文書のことです。
書いたあとは上司に提出することになりますが、その際に紙切れ一枚を提出するのは上司からの指示でない限りやめましょう。
封筒に入れて提出するのがマナーとされています。
封筒の表書きには、中央に「始末書・反省文」と書きます。
直接手渡しするのが基本なので、表書きは原則それのみで問題ありません。
封筒のサイズをよく見て、ずれないように気をつけて書きましょう。
もしずれてしまったり失敗してしまったらもったいないと思っても新しい封筒を使いましょう。
たかが表書きと思うかもしれませんが、反省の意を伝える文書に妥協は厳禁です。
裏面の左下あたりにやや小さく所属部署と氏名を記入します。

スポンサーリンク

ほかにも始末書を書くときには注意すべき点があります。
もし社内規約に始末書の出し方等があればそれに従って書けばいいですが、そうでない場合は例文などを調べて過不足のないように書きましょう。
手書きでもパソコンでもかまいませんが、書き損じたり打ち間違えたときは訂正せず新しいものに書き直すようにします。
手書きの時は黒のボールペンか万年筆を使いましょう。
鉛筆ではいけません。
修正液の使用もNGです。
用紙はA4かB5のサイズがいいでしょう。
手書きならば罫線のある便箋がおすすめです。
用紙に対して文字が少なすぎたり多すぎたりしないよう気をつけます。
封筒の色は白がよいとされています。
長形四号と呼ばれるサイズが一般的です。
あれば二重になっているものがよいです。
茶色いものやキャラクターものなどは避けましょう。
直接提出する際は封をせずに提出します。
間違った作法で始末書を提出してさらなる上司の怒りをかわないように、作る際は細心の注意をはらいましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加