始末書 封筒 サイズ

始末書の用紙と封筒のサイズ

スポンサーリンク

 会社にまたは会社の誰かに迷惑をかけてしまったときやビジネスに何か損害や損失をもたらしてしまったときに、会社や上司に対して始末書を書かなければならないことがあります。
優秀な人であっても何らかの理由でミスをしてしまうことや損害をもたらしてしまうことがあります。
組織の中ではそれらを報告して、今後同じミスや損害が起きないようにするために原因を明確にしたり責任の所在を明らかにして、再発防止をする必要があるため始末書の提出を求めるわけです。
個人的に状況を説明して謝罪できる機会を与えてもらえることにもなります。
何らかの理由で始末書を書く必要がある場合には自分のやってしまったミスや損害に対して真摯に向き合い正直に答えて、今後同じことを繰り返さないことを訴えて会社や上司に理解してもらう必要があります。
そのため、始末書の書き方や提出の仕方をしっかり理解して作成する必要があります。
会社によってはフォーマットが用意されていることもありますので確認しましょう。

スポンサーリンク

まず、基本的に始末書はA4サイズです。
無地で縦書きできるものがベターです。
最近ではパソコンなどを使って作成することを認めている会社もあるようですが、たいていの会社は手書きでの作成を求めます。
日本のビジネス社会ではまだまだ手書きで手紙を作成する文化がありますので、指摘がなければ手書きで丁寧に書く方が無難です。
まず最初に不始末の内容、次に不始末の内容を起こしてしまった原因を書きます。
これらを書く際には正直に事実を書くことが大切です。
他人を巻き込んでしまうような内容は慎みましょう。
そのあと、その不始末に対する反省と会社や上司や同僚に対するお詫び書きます。
また反省するだけではなく今後同じミスをしないことを誓い、最後に会社側に寛大な処置をお願いすることを訴えます。
書き終わったら封筒に入れて提出します。
封筒のサイズは白色長形4号が最適です。
始末書をその封筒のサイズに折るためには3つ折りが一番適しています。
手渡しの際は封筒にのり付けする必要はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加