始末書 封筒 種類

始末書を提出する際の封筒の種類

スポンサーリンク

会社勤めをしているといろいろなことが起こります。
どれだけ注意を払っていてもさまざまな理由で問題が発生したり、思いがけず人に迷惑をかけてしまうことがあります。
会社という組織では個人が起こしたことに対して、事実確認をして同じ問題が起きないように対応する必要があります。
また個人も組織を形成する一人ですから説明をする義務があります。
そこで利用されるのが始末書です。
しっかり自分の仕事に向き合いタスクをこなしていれば、書くことを求められることはめったにないものですし会社や上司から要請がなければ提出する必要はありませんが、もしも書くことになれば会社の正式書類としてきっちりとフォーマットや書くべき内容を理解して書く必要があります。
始末書の書き方だけでなく、用紙や封筒はどのような種類のものを使用すべきなのかもしっかり理解する必要があります。
会社がテンプレートや専用用紙や封筒を用意していることもありますので人事課や経験者に確認をして作成を始めるといいでしょう。

スポンサーリンク

まず、始末書を書くために使用する用紙の種類は、白色で無地の便せんかコピー用紙です。
サイズはA4サイズが適しています。
封筒の種類は白色で長形4号で、中が二重になっているものがベストです。
始末書に書く内容は件名、日時、場所、始末書を書くことになった自分の行為、その行為を行った理由を書きます。
ここでは言い訳をしたり、正当化をするような表現はするべきではありません。
始末書はすでに自分が行ったことで会社に迷惑をかけたり、損失をもたらした事実に対して書くものであって、誰に責任の所在があるのかを突き詰めるための物ではないのです。
そのため、自分は悪くありません、他の誰かに責任がありますというような言い方はしてはいけないのです。
最後に、自分が同じ行為を繰り返さないことを約束して、会社や上司に対して穏便に収めてもらえるように訴えます。
同じ行為を繰り返さないためにどのようなことを心がけるのかといった内容を織り込むことも大切です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加