始末書 封筒 封 糊付け

始末書の封筒の封は糊付けしない

スポンサーリンク

 始末書とは、業務で大きなミスをしたり、会社の規則を破ってしまった時などに提出する謝罪文であり二度と同じことを繰り返さないようにするための誓約書でもあります。
会社に対して大きな損害になったと考えられるような状況で、提出を求められることがあります。
提出を求められた際には、速やかに文書を作成して提出します。
始末書に使う封筒は、一般的に白い長形のもので郵便番号やデザインなどがついていない無地のものを選びます。
便箋は、横書きのもので色は白、罫線がついていると書きやすいと言われています。
ワープロやパソコンを使って作成するほうが簡単に出来ますが、手書きのほうが始末書としてはふさわしいと言えます。
丁寧で読みやすい文面を心がけ、具体的な内容を簡潔に書くことがポイントです。
会社によっては、作成した文書を上司や社長の前で読み上げることが求められる場合があります。
読みやすい文をイメージして作成するといざという時に安心であると言えます。

スポンサーリンク

文書を作成したら、封筒の表面の真ん中に始末書と書き、裏には所属名と氏名を書きます。
書類を最後に封筒に入れますが、この時糊付けはせずに封はしません。
始末書は提出する際は、一般的に糊付けで封はせずにそのまま提出します。
郵送などの場合を除いて、直接手渡しをする場合は基本的に糊付けで封をすることはありません。
提出する際に謝罪の言葉を添えながら、両手で封筒を差し出すか、その場で書類を取り出して読み上げることになります。
始末書を提出する時は、姿勢や表情など見た目にも十分気を付けて誠意が伝わるように心がけることが大切です。
文書の内容が良くても、身なりが悪いとイメージの向上にはつながらない場合があるからです。
謝罪を表明する必要があるということは、少なからず社会的な信頼が失われたということになります。
その信頼を出来るだけ回復するためにも、誠心誠意をもって反省し謝罪の言葉を伝えることが何よりも大切になります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加