始末書 封筒 郵便番号

始末書に使う封筒と郵便番号

スポンサーリンク

始末書とは、会社のルールに違反した場合や業務上過ちを犯した場合などに会社側にその内容を詳細に報告し謝罪する文書のことです。
会社に大きな不利益が生じた時などに提出する必要があります。
始末書を提出することで直属の上司だけでなく、会社や社長に対して二度と同じ過ちを繰り返さないようにするための誓約の表明の意味合いもあります。
そのため、始末書を作成する際は書き方や選ぶ封筒、便箋などマナーに十分気を付ける必要があります。
場合によっては、始末書の提出のみならず何らかの罰則が科せられることもあるので慎重に作成する必要があります。
封筒は、会社でよく使われる茶色いものではなく白色のものを使います。
封筒には、郵便番号などがついてあるものもあります。
しかし、謝罪文として会社に提出する大切な書類であるため郵便番号などはないほうが良いです。
会社の規則では使う封筒のデザインなどは特に決まっていないことがありますが、郵便番号が載っていないもののほうが誠意は伝わりやすいと言えます。

スポンサーリンク

文章の作り方としては、いくつかのポイントを参考にしながら組立てていきます。
まずは、何が原因で過失が起きたのかその時の状況や原因、理由などを出来るだけ詳しく書きます。
次に、そのことに対しての謝罪と反省を書きます。
最後に、再発防止のために自分が出来る対策や改善点などを具体的にあげます。
文章は読みやすく、理解しやすいものを心がけて作成します。
箇条書きに書くのも良くないですが、長々と文を並べることも良くないのではっきりと要点をおさえた内容を簡潔に書くことが大切です。
始末書では、しっかりと反省しているという誠意を伝えることが何より大切です。
文章が素晴らしいものでも、誤字や脱字があったり不適切な言葉遣い、提出するうえでのマナーが守られていないことなどがあると、イメージの改善につながらない場合があります。
正しい言葉遣いや書き方などに気を付けながら、再発防止の提案というところを重点的に文章を書くようにします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加