始末書 書き方 様式 例文 封筒 マナー

始末書の縦書き・横書きの例文・文例(便箋・社内・自筆・事故)記事一覧

 はじめに、始末書とは自らの不始末に対する反省と二度と同じ過ちを犯さない事を誓約する旨を記した書類のことです。個人的に他人に迷惑をかけたり損害を与えたりした場合には、その場ですぐに謝罪する事はもちろんですが、さらに始末書を書いて提出することで、迷惑をかけた相手に対しての誠意をより示す事ができます。もちろん個人間だけではなく、企業などの業務において過失や規律違反・規程違反などを犯してしまった者が謝罪...

 始末書はビジネスの現場で生じた不始末や損失を詫びる文書を指します。通常は不始末などを引き起こした当事者による謝罪の言葉を主流に文書を作成するのが社会的なマナーに基づいた書き方ですが、近年では職種の多様化に伴い始末書の書き方もそれぞれの職種に適した内容にするのが通例になっています。始末書の書き方は社会的なマナーを紹介する書籍やサイトに掲載されていますが、不始末に対する謝罪の言葉は相手への謝意を示す...

始末書というのは会社に損害を与えてしまった本人にとっても重要な意味を持ちます。反省の気持ちと再発防止の心構えを会社側に示すために必要なものだからです。ただ謝罪文を出せばいいというものではなく、マナーがあるのでそれに則って提出することが大事なのです。このマナーを守らないと、果たして本当に反省の気持ちがあるのか不信感をもたれることになります。会社側に始末書用のフォーマットがあればそれに従えばいいのです...

 はじめに、不始末を二度と繰り返さないためにも、これ以上迷惑をかけないためにも、書き方やマナーに気を付けたい「始末書」ですが、答えは「縦書き」「横書き」どちらも正解です。もちろん、上司から指定があった場合には、その書き方で提出する必要がありますが、基本的にはどちらもマナー違反ではありません。しかし、縦書きにしても横書きにしても、本来のマナーは守って書くようにしましょう。例えば、縦書きと横書きの大き...

 始末書と反省文は似たようなものですが、会社に与える影響は全く違います。始業時間に遅刻したりして部内に迷惑をかけた場合に上司に提出するのが反省文です。基本的には直属の上司どまりの文書です。これに対して始末書というのは仕事上において何らかのミスをして、それが会社に損害を与えた場合などに提出するものです。最終的に社内の主な上役や役員や社長のところまでいく文書です。反省文の場合は一筆お詫びの言葉を書いて...

 始末書を手書きで書く場合には、通常は縦書きのスタイルとなります。縦書きで書く際には、市販の便箋などを使うと便利です。縦書き用の便箋は実のところ様々なデザインのものがありますが、始末書の場合は出来るだけオーソドックスな無地を選ぶのがポイントです。透かし模様やワンポイント入りなども避けた方が無難と言えます。縦書きで綺麗に書くためには、罫線の入った商品を選ぶのがベストです。曲がらないように文字を書くこ...

 仕事上のミスや失敗をして会社に損害を与えた場合は反省文や始末書を提出します。会社に与えた損害の大きさによって反省文になるか始末書になるか違ってきます。例えば遅刻が多くて大事な会議に遅れたなどのように、所属する部内での失敗などは反省文になります。この場合は部内の上司止まりになります。これに対して取引上の失敗や事故などで会社に明確な損害を与えてしまった場合は始末書になります。これは公式文書扱いになり...